ネットでサイズの合う洋服を買う方法について解説します!

ネットでサイズの合う洋服を買う方法について解説します!

オンラインショッピングで洋服を買うことって難しくないですか?
「サイズが合わなかった!」「サイズが分からないから買うのやめる!」
そんな経験をしたことはありませんか?

実はオンラインショッピングで服のサイズを選ぶのってそんなに難しくないんです!
3分で自分に合ったサイズが分かります!

オールユアーズでパタンナーをしているクミコがその方法を紹介します!

ネットのお買い物でジャストサイズを選ぶ方法

実際にインターネットで服を買う時に、服の仕事をしている私でも「このサイズで即決!」とはならず、どうしようか??と悩んでしまいます。
そんな時に自分にぴったりのサイズ感を選ぶ魔法のような方法があります!

それは自分の持っている洋服を測って、買いたい洋服のサイズ表と照らし合わせること!
これで大体のイメージを掴むことができます!
サイズ表は大体のオンラインストアには載っている情報です。

サイズを測る部分はたったの4つ!
・着丈(きたけ)
・肩幅(かたはば)
・身幅(みはば)
・袖丈(そでたけ)

いやいや、専門用語をいきなり出されても.......
という方も多いと思いますので、一つひとつ解説していきます。

着丈って?

着丈はの赤い矢印の位置です。
背中の中心で衿がついているところから、一番下(裾 すそといいます)までを"着丈"としています。
※測り方は2種類あり、オールユアーズではこの位置を着丈としています。

例えば、写真で着用している"着たくないのに毎日着てしまうジャケット"のサイズ2だと着丈が61.5cmなので、衿元から61.5cm下がった位置が裾になります。

次に測り方を見てみましょう!ジャケットの場合は上の写真みたいな感じです!
TシャツやYシャツでも同じ測り方でOKです。
正確に測るためにテーブルや床など平らな場所で測りましょう!

肩幅って?

今着ている洋服と合わせて、上の写真を見てください。
青い線の部分を"肩線"と言います。大体の洋服はここで縫われています。

上の写真
①"肩線"の端から
②"着丈"の一番上を通り、
③"肩線"の端までの3点を通る、青い線の位置を肩幅と言います。

自分の体でいうと、①③の赤丸の位置は、肩の骨の端っこです。

実際に測るときは3点なので、①~②の、0cmから19cmで

②~③の19cmなので36.5cm!!といった具合で測ります。

「ジャケットは肩で着る」という言葉があるのですが、いわゆるスーツの肩幅がぴったりだとかっこよく着れます。
余談にはなりますが、肩幅がぴったりしていると疲れてしまうので、オールユアーズのジャケットはストレッチ性を持たせることでストレスを軽減させています。

身幅って?

身幅とは身頃の幅という意味です。
体周り=胸周りのサイズになります。胸周りといっても、どこ?となるので、オールユアーズではわかりやすいように、どの服でも袖がついている下の位置を水平に測るようにしています。

こんな感じで平らにおいて、袖下から袖下まで測ります。
この数字を2倍にすると胸周りになります!

袖丈って?

"肩幅"でも説明した"肩線"の端が、袖の一番上になります。

そこからまっすぐ一番下までを袖丈と言います。

測るときはこんな感じで!

肩の端(袖の上)から袖の一番下までまっすぐにしましょう。

それでもネットで服を買うのが怖い方は・・・

サイズ感は分かるけど質感とかフィーリングとかってオンラインで感じ取ることって難しいですよね。
「やっぱり洋服は着てから決めたい!」方もいらっしゃると思います。

オールユアーズ では無料で自宅試着ができます!
まずは洋服を測ってから自分に合いそうなサイズを2サイズくらい選んでみてください。
自宅試着で自分に合うサイズを見つけましょう!

無料自宅試着制度を見てみる

オールユアーズの情報をお届けします!

オールユアーズ は、「LINE」「メールマガジン」で、新商品、生活に役立つ情報、オールユアーズの考え方など様々な情報を発信しています。

ぜひ、こちらからチェックしてみてください!