ポッドキャスト新番組、誕生!【裏オールユアーズの日記Vol.1】

ポッドキャスト新番組、誕生!【裏オールユアーズの日記Vol.1】

「ALL YOURS Journal」をご覧のみなさま、はじめまして!

 

ペコと申します。あらかじめお伝えしますと、あくまでオールユアーズのいちユーザーであり、「中の人」ではありません(笑)

 

さて!さっそくですが、オールユアーズで新企画が始動します──

  • 裏オールユアーズの部屋
  • 裏オールユアーズの日記

 

「裏オールユアーズの部屋」というポッドキャスト新番組について、同番組の初回配信内容を抜粋しながら紹介していきます。みなさんにも関わっていただける「余白」がこの番組には存在しており、詳細は文末にて。ぜひ最後までお楽しみください!

 

みんなでつくるポッドキャスト
「裏オールユアーズの部屋」

東京・池尻大橋にあるアパレルブランド「オールユアーズ」。シンプルに自分らしく生きる人たちが日々集い賑わう店舗の裏に、ひっそりと存在する謎の部屋「裏オールユアーズ」。一説によるとオールユアーズスタッフにもまだ知られていないとか。

「相手を主役にさせる、めっちゃいいヤツ」をテーマに、裏オールユアーズの主人(木村さん・中込さん)がゲストの話を深掘りしていきます──

📻

放送日 :
不定期(オールユアーズのpodcastにて収録配信)

出演者 :
・裏オールユアーズの主人(木村さん・中込さん)
・ゲスト(オールユアーズのユーザーさん)

内容 :
オールユアーズのユーザーさんをゲストとしてお招きし、パーソナリティの木村さん・中込さんがゲストを紹介する番組。「相手を主役にさせる、めっちゃいいヤツ」をテーマに、好奇心全開にゲストの話をどんどん深掘りしていきます。

※即興と偶発と遊び心を大事にしているため、台本は一切ありません。
※便宜上、主人・ゲストと表現していますが、関係性はあくまでフラットです。

企画・制作 :
裏オールユアーズ

相手を主役にさせる、めっちゃいいヤツ──

恐れ多くも、、、

「裏オールユアーズの部屋」の初回配信にゲスト出演させていただきました…!

というのもネタバレしますと、この番組企画をオールユアーズに持ち込んだのが自分だったからなのです。自作自演っぽくてなんだかごめんなさい…!笑

初回配信では木村さんと中込さんと僕の3人で1時間以上お喋りしました。「(ゲストとして)僕自身の話」や「(企画者として)新番組に込めた想い」などを対話しながら語っています──

📻

僕はオールユアーズに2018年に出会いました。それからオールユアーズの服を週7で着ちゃうぐらいハマってます(笑)

オールユアーズの服はもちろん大好きなんですけど、そこに集うユーザーのみなさんが「面白く、愉快で、自分らしく生きていらっしゃる」というのも印象的です。実際オールユアーズのみなさんも「ユーザーのみなさんが主役です」「あなた中心です」というお話をされていて──

「他のユーザーさんのことをもっと知りたい」という想いで、この企画を提案しました。さっそく実現できて嬉しいです!

ブランドって「価値観の集合体」のようなイメージだと思っています。

オールユアーズのメンバーもユーザーのみなさんも、バックグラウンド・年齢・職業・居住地域などが様々だけど、おそらく「通じ合う価値観みたいなものが、ある一定近い」からこそオールユアーズを選んでくださっているのではないかと。

だとするとユーザーのみなさんを深掘りすることで、「オールユアーズってどんなブランドなのか」というのが見えてくるのではという感覚を持っています。

そういう意味でも、「裏オールユアーズの部屋」は魅力的な企画です!

『相手を主役にさせる、めっちゃいいヤツ』という番組テーマは、木村さん直筆の手紙、その一文から

大事なのは「フラットな関係性」

続いて紹介するのは、「フラットな関係性」というお話。番組を企画するにあたって、便宜上、主人・ゲストという言葉を使いましたが、そういう線引きをしたい気持ちは一切ありません。

というのも僕自身、ユーザーとしてオールユアーズのみなさんと普段接する時、「お店の人・お客さん」という線引きを意識していないからです。もちろんオールユアーズのみなさんからも同じように接していただいています──

📻

「主従関係みたいなものをなるべくなくしていきたいよね」という話を企画の打ち合わせの時もみんなでしましたよね。「真ん中とか外の線引きとかもないし、上とか下とかっていうのもなくて、その空間に存在する空気感もすべて含めて、オールユアーズだよね」っていう感覚があります。

オールユアーズのpodcastのレギュラー番組(*)も同じような感覚で──社内の雑談みたいなものを聞いてもらいながら、リモートワークや在宅で仕事をしている人たちに「オフィスで一緒にいる感じ」「オールユアーズの雰囲気や空気感」などを感じてほしいなと。

オールユアーズのナレッジ、組織の秘密、ビジネスで役立つハウツーみたいなものではなくて、「オールユアーズってこんなノリなんだ」とか「こんな雰囲気なんだ」みたいなことがわかる番組にしていきたいと思っています。

(*) 2021年〜スタートした定期配信。「#10 最近聴いてるラジオとポッドキャストのはなし」以降。

ペコくんのこの企画を見た時に、それを「ユーザーさんと一緒に実現していく」っていう感覚でやれそうだなと感じました。オールユアーズのpodcast上で、レギュラー番組とこの番組を一緒に配信しても楽しめちゃうなと。

「ユーザーが関われる余白」を僕自身がまさに求めていました。レギュラー番組も裏オールユアーズの部屋もこれからさらに楽しみですね!

出演ゲストを募集中!お便りもぜひ!

冒頭でもチラッとお伝えしましたが、この新番組には「余白」がたくさん存在しています。というより、ユーザーのみなさんが関わってくださるからこそ成立する番組なのです──

📻

「裏オールユアーズの部屋」に出てくれる人を募集しています!

出演したい人は何をしたらいいんですか?

方法は何でもOKですので、ぜひご連絡ください(笑)

この番組の配信情報は、オールユアーズの公式ツイッターインスタグラムで発信するので、そこにメンションいただいてもOKです。オールユアーズの公式アカウント、私のアカウント中込さんのアカウントにDMいただいてもOKです。自薦他薦を問いません!

どこに住んでいてもOKです!実際ペコくんは神戸に住んでいて、Zoomというツールを使って、今リモート収録しています。

コロナ禍でリモートが当たり前になったので、地理的な条件がフェアになった気がしていて、すごくいいですよね。

地理的に遠いからという理由で出演できないという風にはしたくないなと。今の時代、そこらへんが自然に溶けちゃってるから。離島の人とも繋ぎたいな。

もしくは日本を超えちゃっても?

いいですね!サウジアラビアやアメリカにいらっしゃるユーザーの方とか。

こういう感じで、「余白があるからこそ生まれる偶発性を遊んでいきたい」という想いもあって、企画提案者としてはその様子も眺めていきたいですね。

そして実は、この番組企画の他に「この収録内容を文章化していきたい」というオファーもペコくんからもらっています。うちのオンラインストアの「読みもの」というコーナーで、編集 / ライター・ペコで執筆してくれることになっています。

万全の体制!(笑)

みなさんと一緒に育てていきましょう──

“裏オールユアーズの部屋の収録内容を記事化したい”という想いをカタチにしたのが「裏オールユアーズの日記」、今回がその第1弾でした。いかがでしたでしょうか?

配信を聞きたい方は、【番外編 #1 】裏オールユアーズの部屋👻vol.1 ペコさんの場合。

📻

さて最後に。僕にとってのオールユアーズらしさって、“オールユアーズに集うステキな人たちの輪の中に混ざってみたい!”と思わせてくれる「余白」と、実際にあたたかく迎え入れてくれる「親戚感」です。

裏オールユアーズの「部屋&日記」を通じて、その空気感をオンライン上でも生み出せそうな予感がしていて、とっても幸せです!(*)

(*) 決してオールユアーズのみなさんから言わされているわけではなく、自分の素直な気持ちです(笑)

これからも即興・偶発・遊び心を大切にしながら、「裏オールユアーズの部屋」「裏オールユアーズの日記」ともに丁寧に育てていきます。というより、みなさんと一緒に育てていけると嬉しいです。ぜひ次回もお楽しみに!

最後までお読みくださりありがとうございました!すべてに心から感謝を込めて──

※収録時の発言内容は、一部加筆・修正しております。

※本記事の掲載情報は、2021年2月現在のものです。

企画 / 編集 / 執筆 : Peco (Ryota Yasuda)

ライター / 芸術家 / DJ。多趣味多才がモットー。「自分の好きなことをやり続ける人であふれる世界をつくること」が使命。好きなことの定義は、「人になんと言われようが、周りから評価されなかったとしても、やっているだけで楽しく夢中になれること」。人生すべてが芸術活動。

https://ryotayasuda.com

オールユアーズの情報をお届けします!

オールユアーズ は、「LINE」で、新商品、生活に役立つ情報、オールユアーズの考え方など様々な情報を発信しています。

ぜひ、こちらからチェックしてみてください!