• セレクト
矛盾だらけのDEFENDERが、オススメな本当の理由。

矛盾だらけのDEFENDERが、オススメな本当の理由。

text by 木村昌史

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

DEFENDERって、何なのか?

ディテールの詳細はバヤシが前回のブログで書いていたので、それを参照していただくとして。

この商品の最大の特徴は、着てると暖かいなのですが、、、
この手の商品、ちまたに結構多く出回ってると思うので、

そのへんの商品といったい何が違うの?

とか
なぜDEEPER’S WEARがこれを作ったのか?

的な部分から今日は書いてみようと思います。

結論から書いてしまうと、DEFENDERが目指すもの。

それは、「ちょうど良い冬支度」ができる製品を開発目的に作られました。


DEFENDERの説明文を読んでみると。

“掛け布団や毛布に使われる、

太陽光や体温を熱に換えることが出来る薄い綿(わた)を

生地と生地の間に挟んでいるため、

暖かく過ごすことができます。”

pb150057%e8%a3%8f%e5%9c%b0%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a

この発熱保温する綿(わた)は、日本で作られた、特殊な綿。
通常は寝具用途で使われる特殊素材を、衣類に採用しています。

寝具で使われてるくらいだから、軽くて、体の熱を逃がさ無いように作られていて、とても暖かい。
あんまり衣料品に使われていない素材なのです。

その素材を極限まで薄くして、キルティング処理し、表に綿が入っているのが解らないように裏地として貼り付けて商品化したのが、このDEFENDERという商品。

………とここまで読んでちょっと矛盾が生じているかも知れない。

①とても暖かいのに
②その素材をなぜか極限まで薄くして
③(暖かく見える)キルティングが見えない様に貼り付けて
④極力、普通のシャツに見えるようにデザインされています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そう、このDEFENDERは、上記のように
製品スペックをアピールする上では全くメリットにならない作り方をしています。
(恐らく、大きな会社でこんな企画したら、わかりにくいから絶対通らないだろうな。)
ハイスペックな素材をミニマムに使用することで、生活するのに「ちょうど良い」。
本質的な意味での「機能服」を作りたかったのです。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

DEFENDER”それ自体は正直言って、物凄い暖かさで、これ一枚でオーロラを見に行こう!というシロモノでは無い。
そういうものが欲しいなら、是非 patagonia や the north face などの、ハイロフトインシュレーションジャケットを買って欲しい。

ではDEFENDERの一番使える用途とは?


DEFENDERは厳密に言うと、アウターではなく、「中間着」なのです。

中間着とは、アウトドアウェアでは「ミッドレイヤー」と呼ばれる種類の洋服。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日常生活においては、一番上に着ても良いし、対応できない気温環境では、アウターの下にも着用できる。
(ぜひ、DEFENDERの上からダウンベストを着てみてほしい。関東以南であれば、これで十分なんじゃないかな?)
僕はこういう商品が一番使えると思っていて。
10年前から未だにずっと着ているものとかって、こういう「汎用性があって使えるやつ」的な特性をもっているものが僕は多い。
だからそういうの作っちゃいたかったんです。

 

「そんなにすごい暖かい商品、そんなに要らなくない?」
って発想で作られた商品なのです。

 

さらに、裏地が綿(めん)なので、肌触りが良く、半袖Tシャツの上からでも着心地良く着られます。

pb150056%e8%a3%8f%e5%9c%b0%ef%bc%93%e8%89%b2

そう、半袖の上から着られるということは、この先4月初旬くらいまで、これで過ごせてしまうのです。
(半袖Tにラフにこのシャツを着てるのは結構イケてますぜ。)

でもって、ナチュラルにストレッチするもんだから、動いた時のストレスも最小限!


この話はパンツにももちろん言える話。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも流石にこれにレイヤードする人はいないかもしれないけど、こういうのに、ハーフのダウンパンツなんか合わせると、防寒性は最強になるし、雨天時にレインパンツの下に穿けば、とても良い相棒として機能するはずです。

pb150080%e3%83%aa%e3%83%95%e3%82%992%e8%89%b2

また、これも、下着の上から直接穿いても気持ち悪くないので、パンツもオススメ。

裾のリブが体温を逃さないし、ダウンブーツみたいな、ハイカット系を穿いても収まりヨシで、保温性が向上します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ともかく、ハイスペックなものは超高価&オーバースペックだし、このくらいが丁度いいんじゃないかな?
個人的にはプライスもオススメできて、とても良いと思います。

僕も着ていますが、ほんと、「丁度いい」って言葉がぴったりな商品です。

ぜひお試しください。数少なくなってきてますのでお早めに〜!

明日は、RAL by DEEPER’S WEARを着てマウンテンバイクに乗ってきましたレポート書きます!

Deeper’s Wear 「DEFENDER FLANNEL SHIRTS」 (別注モデルはサイズ3~6の展開となります)

サイズ(実寸)
1:着丈55.0cm 肩幅38.5cm バスト92.4cm 袖丈53.5cm
2:着丈57.0cm 肩幅40.0cm バスト94.4cm 袖丈56.5cm
3:着丈62.5cm 肩幅42.5cm バスト98.4cm 袖丈60.5cm
4:着丈64.5cm 肩幅44.0cm バスト102.5cm 袖丈62cm
5:着丈66.5cm 肩幅45.5cm バスト106.4cm 袖丈63.5cm
6:着丈68.5cm 肩幅47.0cm バスト110.4cm 袖丈65cm

Deeper’s Wear 「DEFENDER RIB PANTS」

サイズ(実寸)
1:ウエスト63.0cm 股上26.4cm 股下70.0cm モモ回り62.8cm 裾回り30.6cm
2:ウエスト67.0cm 股上27.2cm 股下70.0cm モモ回り64.8cm 裾回り31.8cm
3:ウエスト71.0cm 股上28.0cm 股下74.0cm モモ回り66.8cm 裾回り33.0cm
4:ウエスト75.0cm 股上28.8cm 股下74.0cm モモ回り68.8cm 裾回り34.2cm
5:ウエスト79.0cm 股上29.6cm 股下74.0cm モモ回り70.8cm 裾回り35.4cm
6:ウエスト83.0cm 股上30.4cm 股下74.0cm モモ回り72.8cm 裾回り36.6cm
※リブ幅は全サイズ共通で18.0cm

さて次回は定番商品「HIGH KICK」に改めてフォーカス!!

お楽しみに〜