• セレクト
無表情バイタリティ~HANDS UPシャツ~

無表情バイタリティ~HANDS UPシャツ~

こんにちは!

寒い!!雪なんかふっちゃうしまだまだDEFENDERMOFU時々シャツ代わりにつかってるGジャンが手放せないカワベです!

でも2月ともなってくると、やっぱり"春"のこと考えるよなーてことで、

あきらにーやんとか、バヤシとかともう一回ちゃんとHANDS UPシャツ紹介しよーぜ!!ってなったので、

カワベなりHANDS UPシャツ紹介を書かせて頂きました!!

※バヤシのもっと丁寧にのやつはこちら !

 

わたしと会ったことがある人は、めっちゃHIGH KICK Gジャン語るなあ!って印象があると思います。(笑)

※この語りについては長くなるので今回はしぶしぶ割愛します!

 

でもお店に初めて出るようになった頃一番よく着てたのは実はHANDS UPシャツなんです。(人と話すのに緊張するから)

※実は3着もってる

そしてHANDS UPシャツの印象から勝手につけたあだ名は「無表情バイタリティ」。(笑)

※漢字とヨコモジをくっつけたかっただけ、、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たとえば、、、

ほんとはめっちゃ緊張してるけど、楽しく会話したい!ってとき

とか、

ほんとはめちゃめちゃ急いできたけど、余裕!みたいに見せたいとき

とか、

ほんとはめっちゃラクな感じで居たいんだけど、ちょっとシュッ!と見せたいとき

とかないですか?

 

わたしはまさしくそんな心境でHANDS UPシャツを頼りにお店に立ち始めました。(笑)

 

つまり、本人がはしゃいでいても、

汗り・・・いや・・・焦りを外にみせずクールな面持ちでついてきてくれるバイタリティ溢れるやさしい奴なんです。

"汗染みがでない"という仕組みは、撥水加工によるもので、

生地の糸に水が染みないので、濡れている部分の"色が変わって見えない"というところを利用しています。

 

なので、液体などは染み込む前にはじくので汚れにくい。という特徴も持ち合わせています。

これもとても大きなポイントですよね!

 

これはもう買いやん!!てなった方はこちらへ!(笑)

 

だけど実際シャツとしてはどうなの??と、いう部分では、

わたしはとっても絶妙なシャツだと思っています。

 

パッと見きれいめな印象があるシルエットや仕様に見えるのですが、

ところどころに動きやすさやラフさも忘れない。

っという感じ。

HANDS UP SHIRTS

HANDS UP SHIRTS

HANDS UP SHIRTS

例えば、、

縫製するときには"運針"という、縫いの細かさを指示します。

3cm間に何針縫うかを指定する感じです。

 

一般的に細かければ細かいほうが沢山針を落とすので時間がかかり、印象としても高級な感じです。

反対に運針を大きくするとざっくりとした印象です。(もちろんあえてこうする場合もあります!)

 

このシャツはというと、DEEPER’S WEARの他の服たちに比べると、運針は細かめに指示されています。

HANDS UP SHIRTS

細かいことですが、なんとなくきれいな印象があるのにはこれも絶対影響していると思います!

だけど、ここで終わらないのがDEEPER’S WEAR。

 

このシャツは随所随所、環縫い(チェーンステッチ)で縫われています。

この縫い方は、ワークウエアやユニフォームなどで多く使われる縫い方で、裏側がチェーン状になっています。

家庭用ミシンから工業用ミシンまで沢山普及している、よく見る縫い目が"本縫い"で、

それとは別のミシンを使います。

 

裏側がチェーン状になっている分、動きについてきやすかったり、立体感がでたりするのですが、

このシャツは、"本縫い"と"環縫い"の使い分け、運針のピッチも細かめだけど細かすぎない。

 

シルエットの部分でも、ストンときれいにな感じですがアームホール(腕回り)は意外とゆとりをもって作られていたりと、

 

“シャツ”

というアイテム特有のシャキッとした感じも尊重しつつ、ラフさや動きやすさも忘れない!

っという感じがDEEPER’S WEARらしいなと思っています。

 

細かくなっちゃいましたが興味のある方は分析してみてください。(笑)

 

↓なんとなくこの写真がすごく良さが出てる気がして貼ってみました。

 

いかがでしたかーーーーーーー??????

 

そろそろ、シャツが脳裏に浮かぶ季節かなと思い紹介してみました!!

是非一度、WEBチェック&ご試着に来てくださいね―――!

https://coop.allyours.jp/project/2#pd4

 

あ、最後にもうひとつ…!

 

気付かれた人もいるでしょうか?!

HANDS UPの機能は『撥水加工』を利用していますと言いました。

 

つまり、、、

 

シャツのシルエットはこれしかあかんのや!!!

けど、汗染みはでんとってほしい!!!!

 

って方は、、

 

ありますよ!"選択肢"が!!

現在CAMPFIREでクラウドファンディング中の、

#作らないでつくる では、みなさんのお手持ちの服に、撥水加工がかけられるサービスがあります。

https://camp-fire.jp/projects/view/59686#item103677

 

これで持ってるものをアップデートするという方法もあるかも・・・?

 

カワベでしたーーーー!