• セレクト
河部佑美の自己紹介

河部佑美の自己紹介

こんにちは!!名前は河部佑美(カワベユミ)と言います!

子どもの時は、名前に"口"が3つも入っているだけあってよくしゃべるな!!
って言われるくらいおちゃらけておしゃべりだったみたいですが、いまは寡黙です!!

でも慣れると昔の血が騒ぎめっちゃしゃべります。(笑)

趣味は全部服がきっかけなものばかりなのですが、、

家はミシンだらけ、押し入れには染色道具、部屋は謎の変な服たちという感じで暮らしています。(笑)
一部ご紹介!ほんとはまだまだあります(笑)

 

 

他にはあまり趣味とかもなかったのですが、

こんな服を展示するならこの曲だな!とか、ショーだったらこれだな!とか、

この服縫ってるときはこんな感じの音楽で、リペアやってるときはこんな感じのかけたい!とか、

めっちゃ抽象的なイメージを伝えると、
好きそうな音楽を教えてもらったりしているスチールパンを持っている同居人の友人や、
周りの人たちに狭い視野を豊かにしてもらっています。(笑)

 

—-

①今のオールユアーズでのお仕事紹介

服に関わることならなんでもします!
企画やつくるのが一番好きなので、今後は一番そこに力を入れたいですが、

服をつくるからには、つくり方をつくる。つくる場所をつくる。

つくったからには、売り方をつくる。売る場所をつくる。

売ったからには、その先の扱い方やメンテナンス方法やアレンジ方法をつくる。

着られないなら着られるようにする。

捨てるしかないなら捨てられ方まで考える。

今までもこれからもそれしか考えてません!

でもやっぱり服つくって着てもらう。それが一番すきですね!

あたらしいメンバーや面白がってくれる人も増え、

より面白くなりそうなのでこれからもよろしくお願いします!

インスタグラムのnuimonogakari_allyours のアカウントでリペアやカスタムの紹介もしています!

 

 

過去には、岡山の縫製工場で8か月間修業したり、

DEEPER’S WEARはだれでもどんな服でも合わせられる服だ!!といって、
いきなり下北沢を歩いてる人に声をかけて、
その日の服にプラスして着てもらってスナップをとるという奇行も(笑)

ただ、このスナップのカメラマンもスナップさせてもらったひともいけてて、
めっちゃ良いので是非ブログもみてほしい…!

 

—-

②オールユアーズに入社前まで何をしていたか

服→バレーボール→服

それしかしてない気がします。

子どものときは服を着るのがめちゃ好きで、人生でいちばんおしゃれしてたのではないかと…(笑)

 

中学高校はバレーボール一筋で、

朝6時40分に登校、
階段自転車はつま先で、
お風呂でも握力の筋トレを欠かさない没頭ぶりで、
中学から高校の間で50m走が1.8秒速くなった記憶があります(笑)

この時は、1日5食くらい食べてたし回転寿司22皿くらい食べてたのに今より全然痩せていましたとさ。。

 

高校卒業後、服を学ぶぞ…!と思い、専門学校の説明会にいくも、
体験授業を受けてみたら、決められたやり方で服つくりたくない…!!

などと、もともと、

なんで違う会社なはずなのに同じような服が売られているのだろうとか、

たくさんの人が関わっているはずなのに、なぜこんなに安く売ることができるのだろうとか、

いろいろ不思議を感じていた私は、すでに斜に構えてしまっていて、、、

洋服の奥深さも知らないままに、一旦服のつくり方は独学でやってみて生地を勉強してみよう!

と、"テキスタイル"という、生地を染めたりいろいろする分野に進みました。

そこで染めたり刺繍したり、和服にも興味があったので直線ばっかりで服をつくったり自由にしてたのですが、
在学中の着物屋さんやアパレルのOEMのインターンやアルバイトで、

今のやり方のセオリーを全く知らないのに、
発案から生産、売り方まで組み立てるのは難しいかも…

勉強というのは、いろんな過去の先人の知恵をショートカットで教えてもらっているとてもお得なものなのだと気づき、結局エスモードという専門学校にもいくのです。

 

その学校が、代表の原さんとパタンナーの岡田さんの母校でもあり、
一緒に働くこととなるご縁となりました。

 

その当時は、バイトを2つしていたものの、
お金がなさすぎて、
でも課題以外でも何か服をつくりたくて、
夜中に家にあったブルーシートとガムテープでつくったりもしました。(笑)

ちなみに原さんと出会った時には、すれちがう時ドキッとする服がつくりたい…!ってずっと言ってました。

今ならこんなに胸元がら空きのコート(写真左の)寒いわ!って思うけど、

このコートが横からみると全く別物で、
すれちがった横から後ろにかけてがめっちゃかっこいい!っていって、
当時ペアを組んでいた子こと盛り上がっていました(笑)

もちろん自分でパターンもしていましたが、
このペアを組んでいた子のパターンが独特でとても好きなので、

今でもシャツをオーダーしたり、細々と服づくりを続けています。

 

この時は、まわりの友人もみな駆け出しだったので、
什器をつくってもらったり、

写真をとってもらったり、

みんなが作品づくりをしていたので、

大体のもの何でもつくれる気がしてほんとに楽しかった…!

ゴミを河原で拾ってきて夜中一晩で什器にしたり(笑)
※ちなみに当時協力してくれた友人は今もめっちゃ良い作品をつくりつづけています。

そんなこんなでバイトやら学校やらでふらふらしていた期間が長く、
セミオーダーのマダムの会社で働いたりもしましたが、

がっつり働いたのはオールユアーズがはじめてなのです。
(当時はまだオールユアーズという会社はできてもいなかったのですが…!)

 

ちなみにバイトでは6年くらい美大進学のデッサンの講師をしていたので、
デッサンの基礎中の基礎は呪文のように唱えられるので、
絵の訓練をしたい人はご連絡ください!(笑)
わたしは元々言葉が苦手だったので、絵を描く技術は人生でめっちゃ重宝しました。

 

—-

③一番好きなオールユアーズのアイテム

HIGH KICK Gジャンです!

Gジャンってもともと全然着なかったんですけど、
きっかけは自分が接客したお客さんに逆に勧められて。(笑)

着てみたらHIGH KICK のGジャンは、よくのびるからシャツ着てるより全然楽で、
ボタンも5個くらいだし、おおちゃくな私にピッタリでした。

それにボタンとる時、ぽろぽろぽろっと取れる感覚がたまらんのです…!

今は4色持ってます(笑)

ALL YOURSの服は、ボタンがパチッととまる!とか、感触とかを大事にしているところも好きです。

こういうところは、自分がつくる時も大切にしていきたいなって思います!

 

 

カワベ