• セレクト
改めて語り合ってみた委員会! 〜着たくないのに毎日着てしまう編〜

改めて語り合ってみた委員会! 〜着たくないのに毎日着てしまう編〜

〈着たくないのに毎日着てしまう〉

名実ともにオールユアーズの中でも最も人気のアイテム。

現在も6月生産アップ予定で生産中の本アイテム、今回より生地に細かいアップデートがあります。

 

と、言うのも、オールユアーズの製品はユーザーの皆さんの’声’を良い方向に反映させてアップデートを繰り返して現在に至っており、今回3回目の生産になる〈着たくないのに毎日着てしまう〉も例外ではありません!

そこで、とある日に「改めて製品にフォーカスしてみよう!」と、急遽始まったライブ配信がお客様に好評だったので、アーカイブできるようにブログまとめました!

お時間ある時に是非ご覧ください。

 

————–

 

 

か:着たくないのにって、、、なんでしょう?くみこさん

く:え?あ、そういう感じ?笑 まぁいいや、〈着たくないのに毎日着てしまう〉とは、ジャケットとパンツのセットアップなんですけど〜、、、ココで問題!

か:テーレンッ!チッチッチッチッ、、、、

 

_DSC7164

 

く:「なんで〈着たくないのに毎日着てしまう〉ってネーミングにしたんでしょう?」バヤシさんお答えください。

ば:うーん、そうですね、、、。僕が思ったのは、お気に入りを長く使う、、、ともまた少し意味合いが違ってくるんですけど、例えば家にある洗濯機や冷蔵庫って使いたくて使ってるわけじゃなくて、人の生活に溶け込んでるわけじゃないですか?生活において必然というか無くてはならない存在と言うか。おそらく着たくないのに〜って〈衣食住〉の〈衣〉を担当する部門、、、。うーん、なんて言えば良いんだろう、そうね、言うなればやっぱり洗濯機ですね。

 

kkk.001

 

か:洗濯機笑

ば:ご飯も食べたくないけど食べないと生きていけないじゃないですか?身体が勝手に欲してくるというか。なので、着たくないのにセットアップは僕にとって洗濯機です。

く:洗濯機かぁ〜笑 ワタシ的には、とりあえず着てて楽!取り扱いも楽!ってところが1番のポイントだと思うなぁ。色んな意味で気張る必要がなくなるから毎日手にとってしまうと言うか。

ば:確かに楽ですもんね、着てても扱っても。

 

 

 

〜着たくないのにセットアップってどんな素材でできてるの?〜

か:素材について教えてもらえますか??くみこ先生

く:使用している生地は〈FAST PASS〉というシリーズの部類に入ります。着たくないのにセットアップの生地の特徴は、ウールっぽく見える生地なんだけど、実はスポーツシーンで活躍しているポリエステル100%で作っています。

 

 

か:ふむふむ

ば:生地もパッっと見で、「これってポリエステル100%ですよね?」って言われる方がほとんどいない。触ってもなんの生地かわからないって人も少なくないし。自分たちが扱っている生地なので手前味噌感ありますが、すごい生地ですよね。

く:見た目も触れた感じもスポーツウェアのようにツルツルって感じじゃなくて、普通に着るジャケットっぽい生地感にしている。でも実はポリエステルだから速乾性もあるし伸びもある、軽いしシワになりにくいのが素材の特徴。

 

左:ウール生地、右:〈着たくないのに〉の生地

 

 

〜どんな人が好きそう?そしてどんな人にオススメ?〜

か:実際ユーザーってどんなジャンルの人が多いとかってある?過去2回販売してて?

ば:人をジャンルで分類するとなると全員の詳細がわからないからちょっと難しいけど、購入を検討している人が口をそろえて言うのは「洗濯がめんどくさい」「何着たらいいかよくわかんない」とか毎日の洋服の選択を若干「めんどくさいな〜」って感じている人が多い。もちろん全員ではないけど。僕たちってある程度洋服に対してのリテラシーを持っているじゃないですか?例えばこの服はこれと合わせるとクールだ、とか、この時代感で合わせよう、などなどのコーディネートをわかっているけど、世の中の人って皆が皆そうではないなって。

 

 

く:そやなぁ、大半の人はそうかもなぁ

ば:やっぱりお客さんからしても「これさえあれば毎日が楽になります!!」って提示をしている物づくりのコンセプトに惹かれて買っていく人が多いですね。仕事の格好が自由な人とか、出張が多い人とか。

く:出張に行く人に最適って良いよね〜。

 

 

ば:あとはこれは実際に頂いた声なんですけど、早く乾くって言葉に書いても伝わりにくくて共感しにくいんですよね。って言うのも早く乾くシーンを日常生活の中に感じれていない人が多くて、「はやく乾くからなに?」ってなっちゃうというか。洋服は洗ったら次の日は着れません!っていうのが日常の当たりまえになっている。・:

く:ふむふむ、なるほどなぁ。確かに当たりまえやわ。

ば:そんな中で、前田さんってお客さんがいるんですけど、アメリカを車で横断する!って企画が会社であったみたいで、セットアップをその旅のお供としてお貸しして実際に着てもらったんです。前田さんも最初は「ジャケパンスタイルだけど動きやすいってところに期待しています」など、旅が日常になる期間の間の最適な行動着としての高いポテンシャルを期待していたそうなのですが、実際に旅を終えて感想をお伺いした時に、1番良かったのは早く乾くところだった。って仰ってくれたんですよね。旅をする=荷物を厳選しないといけないって時に、洗ってすぐ乾いて毎日フレッシュな気分で着れるから1泊分の荷物で事足りるから最高だった!!と。これは体験から生まれる最高の話だなぁって。

 

 

ば:僕らの洋服って動きに対する機能面を最初に着目してくれる人が多いんですが、実際に日常に溶け込ませてみて体験してみてわかるより良い良さもある。からぜひ体験して欲しいですね。お買い求めをお待ちしております笑

く:出張とか行ってその日の夜とかにニオイがつく食事とかした時も安心よね、水通して干しておくだけでぜんぜん違うし、ファブリーズいらずやな。

 

 

ば:男からするとジャケパンって、それがあったらマチガイナイ勝負着というか、いつでもどこでもホントに困らない洋服なんですよね。そういった意味で着たくないのに毎日着てしまうセットアップが持ってる要素って〈毎日着れる〉〈荷物が減る〉〈考える必要がない〉〈誰とでも会える〉〈シュッと見える〉とかじゃないですか?挙げてくと〈楽〉が集約されている服なんだな〜ってより感じますね。

く:肩肘張らずに着れるって良いよね、ホントに。

ば:正直3万円台で買えるセットアップって沢山あるけど、物づくりのコンセプトとストーリーがオールユアーズくらいある製品ってあまりないんですよね。なくはないけど、オールユアーズって濃いいなぁって笑 あとは3万円台になると〈セットアップを安く買えます!〉って方に価値を出している。僕らのお客さんてちゃんと悩んだ上で買ってくれている人が多いから愛着湧いて着てくれている人が多いというか。

く:他のブランドでも出してるところがあるねんな〜

ば:良い所・悪い所はそれぞれのメーカーにもあるので、比べてみるのも面白いかも

 

 

〜形のこだわりって??〜

か:素材の面では早く乾くなどが出てきましたが、形の面ではどうですかね?ジャケパンってスタイルとして

ば:あっ、スーツを普段来ている人に「良い感じにラフですね!」って良く言ってくれるんですが、僕、スーツ着ないんでどこがラフで良い感じなのかって所がよくわかんないんだよなぁ、、、。そこらへん教えてもらえますか?

く:まずはポケットじゃない?ウチのジャケットの特徴的な部位やと思う。スーツと違ってパッチポケットにしているからカジュアル感が出て、尚且、スーツのポケットより作るの簡単なのよね、この方が。

 

 

か:ここの脇の部分も特徴的ですよね!

く:脇を一気にブワーって縫う方式にしていて、見た目を崩さずに簡略化しているから作り手からしても楽に工夫しています。

 

_DSC7172

 

ば:わからなかった、考えられてますねぇ。

か:そういった面でもガチすぎないから、かしこまりのレベルがわからない時とか困らず着れるから良いよなぁ。「とりあえず着てこ!!」的な。一家に一着やな。

く:内ポケットもパスポートがぴったし収まるサイズで、入れやすく斜めにカットしていて、尚且簡単に落ちないように角で引っかかるようにしているねん。

 

 

か:このポケットだと縫込みがガッチリしてないから、例えば一回解いて、新しい希望のサイズのポケットを縫い直すことができるで。

ば:ひぇぇぇ、すごいなぁ

か・く:縫い物係におまかせを!

ば:iPhone X入れれるようにしたいなぁ。そう言えばさっき素材の話で話し忘れたけど、この生地って伸びっぱなしにならないですよね!デロンデロンにならないというか。そして縦に伸びないのも意外でした。全方向ストレッチじゃないのにこんなに動きやすいなんてってオールユアーズ入って驚いたところですね。ストレッチ=全方向だって思ってたので

 

_DSC7174

横にはしっかり伸びる

 

_DSC7177

縦には伸びない

 

く:人の動きのパターンって考えてみると横の動きが結構多くて、縦の伸びも必要な部位もあるけど(膝とか)、横がしっかりしてれば問題ないとおもう

 

_DSC7180

 

ば:結構ハードに着ている人でもシルエットが常にキレイ人が多くて、沢山洗っているのに色も落ちてないってデイリーウェアとしてはパーフェクトですよね

く:ちなみにこのジャケットの袖口のボタンもちゃんと開閉するフェイクボタンじゃないから、腕まくりとかもできる。普通のジャケットだと絶対にしないけど、カジュアルに着れるって意味合いでも使いやすくしています。

 

_DSC7216

 

_DSC7218

 

ば:バックポケットも凄いですよね、筒抜けで

く:実際にこのポケットって、、、有効活用してる人、、、いる?笑

ば:そーうーでーすーねー。実際に「めちゃくちゃ活用しててやばいです!」みたいな人はまわりにいないですね笑 ジャケパンのジャケットとは思えないほど要素がもりもりですね。

 

_DSC7221

 

く:もりもり感ないのに、もりもりしてしまう。違うか笑

 

 

〜お客様の’声’を反映したアップデート〜

か:後は、今回の生産で前回との違いがあるとか聞いたんですが!

 

_DSC7225

 

く:生地を若干リニューアルします!今までは、ウールっぽい質感を出すために、毛羽立ち加工を生地に施していたのだけれど、お客様から「毎日着てると、毛玉が発生してしまう、、、。」という話がありまして。なので今回の生地は、毛玉の原因となる加工をやめたねん。とは言え、今までの見た目はキープできているので、決してツルッツルになったりはしていないのでご安心を。色は今まで通りの3色展開やで。

 

Before

 

After!!

 

ば:見た目に全然差がないけど、触ったらちょっと違いを感じますね!(詳しくは店頭や、イベントにて)ちなみに他にもあります?さすがにないですよね?

く:あるで、クックック

 

_DSC7235

 

ば:えぇ、、、、!

く:後は形も少々、着てると前開きがパカーって開いていっちゃうねん。

ば:なる!パカーって

 

_DSC7241

 

く:人の首の幅に対して、服の首の幅が狭かったので、狭いところに広い物を入れようとして無理に開いちゃっていたので、少し幅を広くしました。

 

 

ば:着て大きな変化が出るわけではないんですね、

く:そうね、変化って言ってもポジティブな変化なので、細かいところがより気にならなくなるというか、良いこと尽くしです。これもユーザーさんがちゃんと声をくれるからこそできる反映なのでオールユアーズっぽいな〜って思う

か:ばやし着てみてや

 

 

く:Tシャツにキャップのスタイルも良いよな、さっきまでスウェット着てたのになんかこう、、、コマシに見えるってか笑

ば:一応整えてきた感でるかもしれないですね。なんていうか、いい意味でも悪い意味でもジャケットに対する印象って変わらないじゃないですか?あとは着た方もシュッとするというか、姿勢の矯正にもなるかもしれないですね笑 ちなみに腕も長めなので、袖の長さに悩んでいる人にもオススメです。

か:生産上がりが楽しみやなぁ。なんか改めて全シリーズこうやって紹介したら面白そうやな

く:確かに〜!実は皆さんの’声’がこうやって反映されています!みたいなのを改めてやってもいいかもね。

ば:やってこ〜!

全員:おーっ!

 

_DSC7261