• セレクト
#ディーパーズな人達 ~Inspire people and get inspired 編 Vol. 2~

#ディーパーズな人達 ~Inspire people and get inspired 編 Vol. 2~

Hello〜! Yoです!

このVol. 2がアップされる頃には外が少し暑い!っと思うかな?もしくは、雨が多くなってきてやだな〜って思う時期にさしかかっているのかもしれませんね!

雨の時には #ONESWINGPARKA がやっぱりオススメです!色はインディゴ、ホワイト、ヘザーグレー、そしてブラックの4色の展開!ストレッチが効いているし、袖周りは細く、撥水加工が全体に施されています。そして、僕が一番好きな部分はフードが大きめに作られている事!本来フードは雨風を防ぐ為にあるものです!雨が降っていなくてもフード被ってる時もありますけどね。その方が多いかもしれない笑。

詳細はこちらを確認してみてください!

#もっと丁寧に説明します ~ONE SWING PARKA編~

 

さて、今回はこの音楽を聴きながらインタビューを読んで頂ければ良いかなと思って選んでみました。時間に追われている時もございますが、ゆっくりと読んで頂ければ幸いです。

前回の潤さんのインタビューは下記を参照↓

#ディーパーズな人達 ~Inspire and get inspired 編 Vol. 1~

話は潤さんが行っているイベント「ゲリラシネマ」についての途中からです。我々の周りで起きている、しかし注意を向けないとなかなか見つけにくい社会問題へどのように機会を与えて知り、考えてもらうかというお話をしておりました。

それではどうぞ!

DSC06274

Yo 以下、Y) 話が途中でしたね。イベント「ゲリラシネマ」を開く際のポイントといいますか、キーは何でしょうか?

潤さん 以下、J) なるべく僕と同じ20代の若い人にきてほしいので、エンタメ性に富んだ若い人が興味を持ちやすい映画をメインコンテンツにすることが大事なポイントかなと思います。

あとは、イベント用の制作物やメインビジュアルにも気を使ってます。今までには、FACEさん小田原愛美さんCHALK BOYさん、NANAMYさんなどのアーティストの方々にイベント用のイラストを描いて頂くことで、カルチャー色や若者が興味を頂くようなクールでイメージをもたせるようにしています。社会問題っていうのが軸にあるからこそ、なるべく真面目感がでないようにしてますね。笑 イベント参加の理由なんて、「見た目が面白そうだから」とか「イラストがかわいいから」とかでいいんです

それで、実際に参加してくださった人は、内容のあるドキュメンタリー映画や、トークショーなどを見て、聞いて、他には無いような体験を通して、社会問題が少しでも自分ごとになることを願ってます。あとは、イベントの参加者たちの中で自然と会話が生まれ、コミュニティになっていってくれれば嬉しいですね。

 

ゲリラシネマ2

Art Credited to "Aimi Odawara"
Art Credited to “Aimi Odawara

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲリラシネマ 3

Art Credited to "face"
Art Credited to “face


お客さんに興味や関心を持って頂くように視覚的なところにも力を入れる。そして実際にイベントに来て頂いたお客さんに素敵な環境、他とは異なる環境を提供する事によって自らの考えを相手に伝えるとともに、一緒になって数々の社会問題について考える事が出来る。相手の立場になって考えてみるという事がどれほど大事か改めて学ばさせて頂いた。その他、様々な活動に取り組んでいると伺ったのでふと耳にした。ゴミ拾いについてと仲良くしていらっしゃるご友人の事についても伺った。

Y、キャットストリートで行ってらっしゃるゴミ拾いについても少しお伺いできますか?

J、今年の2月で4年目になるCATsという活動を、中村元気くんという友人と行っています。大学生の時、渋谷のキャットストリートのレストランで働いていて、元気も同じキャットストリートで働いてて出会いました。それで「消費とかゴミ問題について若い人に向けてなにかアクションしたいね」って色々話をしてたら、元気はキャットストリートでクリーンナップの活動を始めていたんです。それで僕も2013年の6月くらいからその活動に参加しました。

服好きの人って、服を買っても、少し時間が経つと新しい服が欲しくなる。これって誰にでもあるサイクルだと思うのですが、現時点で本当に好きで買った服なのに、別の服を買うとその服って急に価値が薄れたり無くなるような感覚に疑問を感じて、自分達が何かそれについてアクションを起こせないかなって思いCATsの活動をやってます。

お金もかからないってこともありキャットストリートのクリーンナップをしていますが、本質は若い人に消費について考えてもらうことが本来の目的です。あと、お店やお客さん、学生などの「横のつながり」を作って、いつでも助け合ったり、遊んだり、できるコミュニティを作る事も大事だと思ってます。

DSC06260

自分の学生の頃の意識とは全くもって異なる事に驚いたと同時に学生の頃から世界が抱えている問題について考えていた事にも驚きを隠せなかった。自分は当時恐らく、どこにでもいる普通の大学生だったと思うと少し切なくなった。おそらくだが、色々考えて動かないよりかは一先ずは動いてやってみようっていう感じで動いていたのではないかと思う。その姿勢に感心しつつ、次の事、我々との接点について伺ってみた。

Y、我々の服の事について改善点だったり意見があればぜひお伺いしたいです。

J、僕がALL YOURSさんを知ったのは第1回目のMakuakeのプロジェクトをやっている時ですね。Be inspired!のイベントに、Makuakeのやないさんと木村さんがいらっしゃって、やないさんに紹介してもらいました。その1年後にはBe inspired!で紹介したり、Be inspired!のイベントで登壇もしてもらったり、連載したり。今ではプライベートで飲みに行ったりする仲になってます。笑

新しいものを買って、捨てて、買って、捨ててっていう消費のサイクルに対しての木村さんの思想と、CATsやBe inspired!で伝えようとしているとすごく近いと思います。

Y、プロダクトについてはいかがでしょうか?

J、僕、下半身が筋肉質で太いんですよね。笑 例えば、アメリカのリーバイスとかだとサイズが細かくあるので探しやすいんですが、日本では自分のサイズを探すの簡単じゃないです。あと、ストレッチが効いているものってあんまり無い。本来、デニムって疲れてしまうものだと思うけどやっぱり好きで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仕事上デスクワークが長くて、取材で歩く事も多いので、ストレスフリーなジーンズないかなと思っていた時に木村さんに”HIGH KICK JEANS”を紹介してもらって、即買いした覚えがあります。笑

毎日本当に履いてて、クロッチの部分が擦れて穴があいてしまっているくらい愛用しています。笑

DSC06240

Y、こんな感じでインタビューは以上です~ぜひ、編集部のじゅんくんには内容を吟味して頂いてご指摘頂きたいですね笑。

J、ははは。笑 大丈夫ですよきっと笑。

以上です!少し端折ってしまいましたが、すごく自分の為、そして読んで頂いている皆様へも新しい考えを提供出来たのであれば本望です。

引き続き、”HIGH KICK JEANS” についてのお話にて終了してしまいますが、皆様が普段疑問に思っている我々のプロダクトの事についてや、質問等もどんどん募集しております!

動画はこちらでチェック→~HIGH KICK CLIP~
ディティール画像はこちらでチェック→~HIGK KICK DETAIL CUT~
もっと丁寧に説明します ~HIGH KICK JEANS編~

#ディーパーズな人達を次回はご購入頂いた方だけではなく、全くご存知でない方も巻き込んでしまおうと思っております。最後まで読んで頂いている画面越しのあなた!次はあなたかもしれませんよ!

YO

Be inspired!