• セレクト
ぜんぶみせる。ことについて、その1

ぜんぶみせる。ことについて、その1

TEXT by 木村昌史

すぐだったような、すごく遠かったような。

いままでぼくらは、会社をはじめてから、843日を経験している(10月20日現在)。

一年を365日とすると、2年と113日を営業してきたことになる。

長いのか、はたまた短いのか?はその人の感覚になるけれども、僕にはすごいスピードに感じたし、
同時になが〜い旅路にも感じている。

ぼくは自分で独立してなにかをやるっていうのは、初めてで、
なにもかも、わからないところからはじめた。

本当に初心者だった。なにもわからなかった。勉強しとけば良かったと、何度思ったことか!

それでも、しかるべきタイミングで、しかるべき人たちに会えたり、支援をしていただいたり。
おかげさまでなんとか、やってこれているわけです。

なんで、こんなことを言い出したかというと、いろいろと思うことがあるからである。

このたび、ECサイトをリニューアルしました。

https://coop.allyours.jp/

いちおう、色々と考えたことがあったので、それについて何回かにわけて、書こうと思います。

僕らが本当に伝えたいことをECサイトにしました。

なんか、ちがうな。
ずっとそう思っていました。
おいしいところが、伝えきれていない。

そんな感じでやっていたのです。

ずっと考えていました。
「ECサイトで僕らのLIFE-SPECをどう伝えていけば良いのか?」
「ただ販売しているだけのECサイトじゃ、なんか、うちっぽくない。」

違和感が出てきたのは、クラウドファンディングを24ヶ月連続チャレンジするようになってからでした。

僕らはクラウドファンディングにすんなり入れて、いま自分たちがやってることにボタンをかけちがえているような気分になっていたこと。
それを考えると、いくつか理由がわかってきた。

①ぜんぶ、まるごと。

僕がクラウドファンディングが好きなのは、商品のことを「ストーリーまるごと」伝えられること。いわば、クラウドファンディングは「生搾り果汁100%」でモノゴトを伝えらるのです。

僕らの良さは、果物の繊維まで入っているザラザラした食感の一番搾り。まざりっ気なしであなたに提供することだと思っています。エグみまで。
もっというと、その果物を収穫するところから、なぜその果物を選んだのか?
そこまでが、僕らの商品なのです。

②そこまで見せる?

クラウドファンディングは、「支援していただく」という形で、僕らの活動を面白い!がんばれ!という方々に支えられて、製品をお届けできます。

それって、普通の商売とは反対なことが起こってるんです。じつは。

ふつう、どのくらい売れている。いくら売れているって公開しません。ふつうの会社は。

でも、クラウドファンディングで育ててもらった僕らは、なんか、見せちゃう方が気持ちいい。それがふつうになってしまったんですよね。

お客さんにあるとき、こんなふうに言われました。

「気になって、いまどのくらい達成してるか毎日見ちゃうよ。」

ものすごい感謝とともに、ああ、この気持ちわかる。って思いました。

共犯関係がいつのまにか出来上がって、一緒に盛り上がってくれる人たちが僕らを応援してくれている。

それって素晴らしいことじゃないか。
かくすより、見せちゃったほうが、おもしろいんじゃないか。

どんどんそう思っていきました。
それは、「共犯者募集」という、ともにおもしろがってくれる人たちを集めることにつながっていった。

おもいを伝えるECサイト。

やりたいことが少しハッキリしてきて、ぼくらが少しだけ成長してきた。
「無料のサービスから離れるときがきた。」
そんな気がしました。

発想したアイディア、原材料の質、開発したもの、開発したひとの想い、工夫、苦労、喜び。ユーザーの使いかた。
ぜーんぶをあなたにお見せするECサイトを作りたい。

クラウドファンディングは、まったくの新製品をリリースする場所って決めてるので、たとえば、「ファストパスのカーゴパンツ」みたいなバリエーションの製品を作りたい場合はECサイトで予約を取りたい。

あと、この2年ちょっとで、おんなじような動機で、違うものづくりをしている、同志ともいえる仲間が増えてきました。
そんな仲間の製品。それを取り扱いたいとおもっています。

だから、このサイトのURLは「coop」からはじまります。

https://coop.allyours.jp/

(そのへんの理由についてはこちらを参照👉リンク

だんだんイメージが湧いてきました。

それで、作ったのが、このサイトです。

このサイトの特徴は、リリースしてから、販売している期間、買ってくれた方の人数、売れた金額まで全部見えるようにしています。

僕らは、クラウドファンディングでなれちゃったし、クラウドファンディング以外でも、ファンのみなさんに支援していただいているって気持ちでやっているので、やっぱりここも公開したい!と思ってしまいました。

ぜんぶ、みせる。これも僕らの重要な要素なのかもしれません。

このサイト自体があたらしい開発品です。不具合もあるでしょう。
不具合、使いづらいところ。教えてください。
あなたと一緒に成長させられるものにしていきたいと思っています。

僕らは、開発途中のものまで、すべてこのECサイトでお見せしようと思っています。

このECサイトは、まぎれもなく、みなさんがご支援、ご投資いただいたクラウドファンディングでの利益から出来上がります。

みなさんに、成長させてもらっています。
ほんとうにありがとうございます。

”共犯者募集”
いっしょに新しい「買いもののしかた」をつくりましょう。
ぜひ、これからも、ごひいきに。

楽しんでいただけるとうれしく思います。

https://coop.allyours.jp/

次回は、もっとこのことについて、僕の考えを深く掘り下げていきたいとおもいます。